07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

金沢路2 


金沢に新しくできた美術館があります。

金沢21世紀美術館 ですね。











DSCF8614-1-2
金沢21世紀美術館にて










車で行きましたが、30分まで無料でした。

急いで回ります。










DSCF8606-1-2
金沢21世紀美術館にて2










円形の美術館は、無料で見られる部分と有料の部分があります。

今回は無料部分だけ見てきました。











DSCF8598-1-2
金沢21世紀美術館にて3










地下駐車場と1階を結ぶEVです。










DSCF8610-1-2
金沢21世紀美術館にて4











DSCF8623-1-2
金沢21世紀美術館にて5










どこも同じような景色になりますね。











DSCF8630-1-2
金沢21世紀美術館にて6











有名な美術館でしたが、30分で退散しました。











金沢城へ向います。











DSCF8645-1-2
金沢城にて











立派な石垣です。











DSCF8668-1-2
金沢城2











夕飯を食べに、近江町市場へ再度向います。










金沢の回転寿司屋の元祖とも言われている寿司屋へ。










IMG_1562
ノドグロの握り











金沢ならではのネタが沢山ありました。

味は素晴らしいです。

ただし、値段もすばらしい?

安くありませんね。










翌日、まだ見ていなかった金沢駅へ











DSCF8680
金沢駅にて










車を停める場所は結構あります。

20分無料でしたが、お土産などを買っているうちにオーバーしてしまいました。











DSCF8695
金沢駅にて2












まだまだ金沢を観たりないという思いが強いですが、そろそろ時間なので、帰ることとします。



グーグルマップで帰り道を検索すると、来るときと違う経路が出てきました。
下道を東へ向い、高速を高山方面へ南下するルートです。そんな高速があったんですか?





とても風光明媚な景色が続きましたが、景色に慣れてしまってあまり感動がありません。
しばらく行くと高速の乗り口に到着。南下します。


世界遺産である五箇所村を観ずに通過するのは悔しいですが、また今度にします。
道のりは長いので。

高山近辺で高速を降り、松本方面へ向います。




すると、かの有名な白骨温泉がありました。

実は往路でもこの温泉の看板は見かけましたが、増水のため通行止めで入れなかったのです。

リベンジですね。











DSCF8734-1-2
白骨温泉にて










かなり曲がりくねった道を4キロほど行くと、白骨温泉群が見えてきました。

どこに入ったらいいのか分からないので、案内所へ。

泡の湯を勧められました。

案内所からさらに1キロほど山に入ったところに泡の湯がありました。













DSCF8708-1-2
泡の湯への道












DSCF8720-1-2
泡の湯










立ち寄り湯が800円で入れます。

月曜日だったので、それほど客がいませんでした。ラッキーです。

あとで調べたら、宿泊は一人6万円以上する旅館でした。

休日は人で一杯なんだそうです。






中は撮影禁止だということで、ロッカーに貴重品やカメラを預けます。

男湯の暖簾を入って脱いだあと、内湯をスルーして露天風呂へ向います。

ちょっとした廊下を歩いていると、奥の方から女性の声がしてきます。

なんか間違えたかな?と思いながら進むと露天風呂へ入る階段があったので、降りていくと乳白色の温泉が。

暖簾をくぐって進むと、なんと、女性が2人と男性2人が入っています。




こちらを見ているので、とりあえず前を隠してあたりを見回すと、更衣室は男女で別れているのに、中が一緒になっている!

これが混浴というものですか?




乳白色のお湯はちょうど前が出るか隠れるかギリギリくらいの水深でしたので、注意して進みます。









撮影禁止だったので、公式HPからお借りします。












白骨温泉
泡の湯(白骨温泉公式HPより)











38度ほどのぬるい温泉ですが、ゆっくり入っていると芯から温まります。

秘湯ですね。

内湯は42度ほどあり、温まるにはちょうど良い感じです。



いい思い出になりました。普段は温泉嫌いの私ですが、これは入って良かった。










少し休んで松本方面へ向い高速に乗り帰路につきました。

今度来るときは、上高地や五箇所村に立ち寄りたいですね。






撮影:ジュリアン/Julian
■掲載した写真の二次使用、無断掲載は、固く禁止します。








日本の美 桂離宮写真集

日本の美 修学院離宮写真集

日本の美 京都御所+仙洞御所 写真集

My Bike GN125H 写真集

「しまなみ海道風景写真集」 Beautiful JAPAN Photo Gallery NO.3 Shimanami-Kaido photos (English Edition)













にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



ブログランキング
















スポンサーサイト

[edit]

金沢路 


先日、金沢方面へ旅行に行ってきました。
車での移動でしたが、結構遠いですね。
中央道⇒長野道を経て松本から下道に入り、上高地、奥飛騨などを経由して北上し、富山からまた高速に乗り金沢へ。
休まずに走っても6~7時間かかります。

上高地は寄り道したい気持ちで一杯でしたが、今回はパス。
奥飛騨で小休止しました。










DSCF8036-1-2
奥飛騨にて





山に囲まれていて、川沿いに道路が通っています。

上流の山に雨が降ると、川に大量の雨水が流れ込み、あちこちのわき道が通行止めになります。
この日も、多くの場所で通行止めになっていました。










DSCF8063-1-2
奥飛騨の濁流















DSCF7999-1-2
奥飛騨の濁流2











途中、富山で海の幸でもと思っていましたが、上手く店が見つからずラーメン店へ。


台湾風のラーメンをいただきました。









DSCF8086-1-2
台湾風ラーメン











金沢に到着。

結構疲れてしまいましたが、ホテルで少し休んでから散策に出かけました。







まずは、茶屋街の風景から。

金沢には茶屋街が3つほど有るようです。










DSCF8126-1-2
主計町茶屋街にて






片側が川になっています。











DSCF8108-1-2
茶屋街近くの橋










綺麗な橋です。



















DSCF8119-1-2
主計町茶屋街にて2







おしゃれな感じがしますね。


数百メートル移動してひがし茶屋街へ











DSCF8182-1-2
ひがし茶屋街にて





こちらは両側が茶屋街になっています。

金沢らしい風景です。











DSCF8167-1-2
ひがし茶屋街にて2







小さな路地もありました。










DSCF8170-1-2
ひがし茶屋街にて3







京都の祇園を思い出させますね。










移動して近江町市場へ










DSCF8213-1-2
近江町市場にて











ここはアーケード街になっていて、鮮魚店や寿司屋などが並んでいました。










ここで新鮮な甘エビと作りたてのホタルイカの沖付けをゲット。












IMG_1421
甘エビ











かなり大量の甘エビが700円でした。

奥飛騨で購入したドブロクと一緒に頂きました。










翌朝、金沢から南へ向い東尋坊へ。


松本清張の「ゼロの焦点」などで、舞台になった場所だそうです。

自殺の名所?としても有名ですね。












DSCF8286-1-2
東尋坊にて











自殺したくなる気持ちが少し分かりました。











DSCF8302-1-2
東尋坊にて2








サンダルでは行かない方が良いと思います。











DSCF8333-1-2
東尋坊にて3






日本海ならではの風景ですね。










DSCF8331-1-2
東尋坊にて4








落ちたら終わりです。










DSCF8322-1-2
東尋坊にて5









皆さん、先っぽのほうに行きたがりますが、かなり怖いです。










DSCF8335-1-2
東尋坊にて6











東尋坊とは、昔いたお坊さんの名前とのこと。
このお坊さんが悪い人だったので、村人が酒を飲ませてこの崖から突き落としたそうです。
すると嵐が吹き荒れて悪天候になったとか。













DSCF8278-1-2
東尋坊にて7











ちょっといい匂いがしてきたので、お店で海の幸をいただきました。











DSCF8357-1-2
岩牡蠣











岩牡蠣のほか、ホタテ、サザエの串焼きなどをいただきました。

とても美味しかったです。
















金沢へ戻り、兼六園へ。











DSCF8381-1-2
兼六園にて









日本の三庭園の一つというだけあって、とても質感の高い風景が楽しめました。










DSCF8400-Edit-1-2
兼六園にて2












DSCF8427-1-2
兼六園にて3











DSCF8468-1-2
兼六園にて4












DSCF8472-1-2
兼六園にて5










杉苔が綺麗です。










DSCF8398-Edit-1-2
枝振りが凄い












DSCF8486-1-2
兼六園にて6











DSCF8511-1-2
小川があちこちにあります












DSCF8521-1-3
小川にて












DSCF8498-1-2
兼六園にて7










風情のある売店です。










DSCF8513-1-2
兼六園にて8










根っこが凄いです。











DSCF8564-Edit-1-2
これも凄い根っこ












DSCF8583-Edit-1-2
兼六園にて9










立派な木が沢山ありました。











DSCF8568-1-2
兼六園にて10










撮影:ジュリアン/Julian
■掲載した写真の二次使用、無断掲載は、固く禁止します。








日本の美 桂離宮写真集

日本の美 修学院離宮写真集

日本の美 京都御所+仙洞御所 写真集

My Bike GN125H 写真集

「しまなみ海道風景写真集」 Beautiful JAPAN Photo Gallery NO.3 Shimanami-Kaido photos (English Edition)













にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



ブログランキング





[edit]

神代植物公園にて 


日が長くなって、日中の温度も高くなってきました。

苦手な季節の到来です。

早く秋になってほしいですね。




先日、神代植物公園に行ってきました。

バラが咲いていました。










DSCF7287-1-2
神代植物公園にて















DSCF6987-1-2
神代植物公園にて2










DSCF7748-1-2 (2)
神代植物公園にて3
















DSCF7466-1-2
神代植物公園にて4
















DSCF7729-1-2
神代植物公園にて5
















DSCF7427-1-2
神代植物公園にて6
















DSCF7674-1-2
神代植物公園にて7















DSCF7770-1
神代植物公園にて8






撮影:ジュリアン/Julian
■掲載した写真の二次使用、無断掲載は、固く禁止します。








日本の美 桂離宮写真集

日本の美 修学院離宮写真集

日本の美 京都御所+仙洞御所 写真集

My Bike GN125H 写真集

「しまなみ海道風景写真集」 Beautiful JAPAN Photo Gallery NO.3 Shimanami-Kaido photos (English Edition)













にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



ブログランキング









[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。